無料カウンセリングご予約受付中

“薄毛と遺伝”

薄毛と遺伝の関係性について書きたいと思います( ^ω^ )

結論からいうと、薄毛と遺伝には深い関係があります。

なかでもAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛は、遺伝する確率が25%程度あるといわれています。

つまり4人に1人が遺伝する確率になります。

しかし“薄毛の可能性”が遺伝したところで、必ずしも薄毛になるわけではありません。

また薄毛の原因が遺伝ではない可能性もあるのです。

AGAによる薄毛は、男性ホルモンの影響が大きいといわれています。

メカニズムについて順を追ってご説明すると、まず男性ホルモンの一種であるテストステロンが、

5αリダクターゼという変換酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化します。

このDHTにはヘアサイクルの成長期を短くする因子を増加させる作用があるため、

その影響でヘアサイクルの短期化が進みます。

結果として、十分育ちきっていない短く細い毛が多くなり、抜け毛が増えていくのです。

テストステロンの分泌量はそれほど個人差がないのに対し、5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって異なるといわれています。

つまり遺伝で薄毛になる方は、5αリダクターゼの分泌量が影響している可能性があるということです。

この5αリダクターゼが額の生え際やつむじ付近に多いことから、AGAになるとその周辺から薄毛になると考えられています。

少し専門的なお話になりましたが、遺伝との関係性について書いてみました。

参考になると嬉しいです( ^ω^ )


PAGE TOP